KENTARO!!のBLOGです。

  でろでろぴ〜ん
よごと
観たい映画が最近多く、観ているのだけど[心と体と]という映画はアカデミー外国語賞ノミネートで予告みて面白そうで、観たらとても良かったです。日常や仕事や光、自然や動物がとにかく美しく、美し過ぎるというかカメラマン等テクニカルが凄すぎで逆に疲れてしまうのだけど、走る鹿を撮ってるシーンが好きだった。なんかあそこは泣けた。

キリンジ聴き直してるけど弟の声がやはり好きだった。でもソロになってからの曲が余り好きになれなくて、そういう時代(時期)みたいなものがあるのだよなと思った。

6月頭に兵庫で踊るのだけど、こないだ打ち合わせで共演する石川直さんは超絶テクニカルなミュージシャンなのだけど、打ち合わせしながら要点をまとめていてすごかった。みんなに送ってくれたり中心を担っている。僕ももちろん100均の手帳にぐるぐる丸を書いたりはせず、候補となる曲をメモしたが字が汚くて虚しくなった。英語より日本語が汚い。終わってる。日ペン先生。

その後、tantanを観た。とりあえず沢山良いものクソなものを観て、吸収し、活かしてほしいと感じた。世界がそこで(劇場で)とまっている風に見えた。おっさんの戯言なうなんだけど。

YouTubeでしか観てない人もいて申し訳ないが、若い子たちはなぜ古くからある社会性や政治的な事(そう見えてしまう)を少しでも作品に入れたがるのだろう。もっと日常に目を向けてもいいんじゃないかと思う。若いうちは恋愛したり、やらかしたり、友達とケンカしたり、ヘマしたり、嫌なことも楽しんで、それを作品に活かすのが良いような気もするしそこから社会に向けて何か生まれるかもしれない。コンテンポラリーダンスなんてあってないようなもんだし。

最終的にかっこよくあってほしいなぁと思う。
- : comments (x) : trackback (x)
May.2018
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31