KENTARO!!のBLOGです。

  でろでろぴ〜ん
ここのとこ
自分は劇場でやって、クラブでもやってたけど、前者はダンサーは余り観に来なくて後者は出演者がダンサーだからやってる人が多い。バランスがいつも微妙だよなと思う。混ざれば良いな、無理かな。

今回作った作品は、やってる人にしか多分分からない所があったように思う。それはなんていうか、技術に特化した部分かな。だから今まで観てくれてる人に受けが悪かったとしても、しょうがないというか。もちろん皆が楽しかったらいいけどやってる人にしか分からない世界は少なからず存在して、そこの間口を開くかどうかなんだけども、自分のやりたいことは出来た。だから終わった後は2011年の「届けて、かいぶつくん」を作って以来のやりきった感覚だった。島棚も好きだけど、もう服部いないしな。こないだのも泊いないけど。

終わった後とか、ロビーとか楽屋で話すのがなんか自分がウソくさくてイヤな時があった。顔色窺ってしまうし、別に正直そんな事どうでもよくて。どうでもいいことばかり気にしてるのだろう。僕は別に面白くなかったらSNSとか知り合いだからと言って宣伝してほしくないし、もちろん応援してほしいけど、身内だからみたいなのイヤで。狭い世界で褒めあっても、自分は何も感じれなくて。作家なら自分の作ったものを信じれるかどうかしかない。もはや作家とも呼べないくらい少数派なのだけど、アイロニーも片手間にやるしかないのかな。

お世話になってる人を公演に呼んだとして(付き合いも含む)、この公演あって行けないとか言われたり、あの時はこれ観に行ってて無理で、と言われると二度と呼ぶかと思うし呼んでない。本当に舞台関係者は失礼な人が多い。なぜ選ぶ立場でいようとするのか、言葉を選ばなくていいのか。お互い尊敬すべきであり、フラットでなくてはリスペクトは生まれない。もちろん素晴らしい人たちも多くいる。だけど、この芸術と言われる世界に(そんな世界はクソかもしれないが)社会を持ち込んでいるのは大人であることに他ならない。作り手はもっと尊重されるべきだと思う。

今やってる仕事もいつまでかなぁと思う。とにかく変わりたい気持ちが強い。来年は劇場でやらなくてもいいかもしれない。人と同じことしててもしょうがないし。

こんな内容自体どうでもいいけど、作らないと生まれない作品が存在するのは確かだ。
- : comments (x) : trackback (x)
北区、帰宅しました
ラスト終わった。ホントに関わってくれた人達、観に来てくれた愛すべき人達、ありがとうございました。特にスタッフ陣には感謝しかないよ。

マジで今回は本番も、楽屋でも、最後まで喜怒哀楽を出してしまって反省です。でもそれは本気だからなんだよなと思う。でもホントは良くないんだよな、きっと。

それでも、いまこの作品を作れて良かった。一番好きかもな、と終わってから思う。気兼ねなくダンス出来た気がした。メンバー、制作に感謝です。僕はチームでないと、と思うんです。それだけ。

自分の性格がクソみたいにひん曲がってて、俺が二人いたら崩壊する。ホントにダメな大人になってしまった。

でも今回絶望しながらも、ちょっとだけ、そういうのも含めダンス楽しいかもと思った。
- : comments (x) : trackback (x)
ラそ
腰を強打した。アゴラの床、硬すぎる。明日大丈夫かな地味に痛い。

ラストの一回は無心で頭から新鮮に出来たらいい。最後に一番を出してやる。今思い付いたけどアンコールダンスしようかな。R&Bとか良いね。ただ、照明が無理か…どこかのCUEを使うとか。まあいい。

カンパニーやソロでアゴラでの公演はもう当分ないと思います。そして、来年の公演考える前に夏の吉祥寺シアターの演目分からなすぎてパニックです。

大人数なら新しい人達とやりたい気持ち。男がホントに居ない、誰か居ないものか。居てくれたまえよ、男。

むっちゃ疲れてるとノラジョーンズ染み渡り過ぎて、武道館のチケットを買ってしまいそうだ。ジャズは何も考えたくないときに癒される。

メンバーの二人に対しここをこうしたら向上するという瞬間が幾つかあって、それは伸びしろいう事でいいことな気がしてる。まだまだいけんなっていうか、こっから。ソロは再演時には1.5倍は良くならないとです。まずは目先のラスト。

早く寝よう。
- : comments (x) : trackback (x)
ふうう
昨日家に帰ってべっこり落ち込んで、自分がやってきたものが間違いだった、皆巻き込んでごめんという思いにかられひたすらに悲しかったけど、朝起きて、それでも今は続くんだなと思って、やらなきゃってなった。

だからか分からないけど、今日は今までで一番良かったと思う。どん底まで落ちなきゃ分からない事があるなと、今日も代々木上原まで東大の中通ってポツンとしながら暗い空の雲が異常に綺麗で少しだけ泣けた。

久しくこの孤独はなかった。ソロだけやってた当時は当たり前だけど一人で良い事も悪い事も噛み締めてた。

一番大切なのは、今生きてると感じれる時間かも知れない。
- : comments (x) : trackback (x)
二日目おわった
二日間終わった。観てくれた方々感謝です。今日はいきなり三人くらい寝てた。Fuck it!!

ちらっとみたアンケートにファックとかシットとか作品内に使うのは外人も観に来てるしどうなんだろうという内容で残念。別に外人に気を使って作らないし、むしろ外人も観てるから入れてるのもうっすらあるんだがそういう形式に囚われみられてもと言うか、見方は自由だけど、こっちも自由で。ラップや映画はOKで舞台はダメとか誰かに向けて作るときとかダメな気がする。舞台でもファックとかむちゃくちゃ言うけどな…日本はしらないけど。

スラングでもある訳で〈くそったれ〉や〈性行〉だと意味が限定されるからイヤだ。オーシットとかマジでやばいとか色々意味がある。別にダンスとセックスしているでも良いけどダサくないかな。外人も観に来てるとか考えが行き着くのが概念としてダサいと思ってしまう。余計なお世話さ、Fuck that shit!

むしろ、オブラートに包むより、未来ある。
- : comments (x) : trackback (x)
MV
東京ELECTROCK STAIRS/小さな旅を

https://youtu.be/Y-GnfSZW1_s
- : comments (x) : trackback (x)
土曜日だったこと
レッスンの前に書いている。

新作での自分のソロをやはり何かうまく作ることは出来なくて、たぶん少しは作るけど、即興でこれだって出来たらいい。今新しい動きというか感覚が出てこないか模索してる。というか模索するほど踊ってない。他の練習しなきゃいけなくて。とはいえホントにギリギリまで覚える気になれず、申し訳ないと思う。

ぜんぜん関係ない話しだけど、自分は身長が高くなくて166あたりだと思うんだけど、スタイルの良い背のでかい人が目の前に電車で居たりすると劣等感を感じる。うらやましいとはちょっと違うんだけど。

いま電車で12歳くらいのロシア風美人少女がまさにそうで、なんかそんな事を考えていた。自意識なんてものはないほうがストレスがなく、幸せに過ごせる。人の痛みを本質的に理解できるかもとは思うんだけど。

ろくでもない親も沢山いるけど、大体の親は自分よりも子供の体を心配して体には気をつけなさいと言う。僕は逆に僕より先に老いて死ぬのだから、体には気をつけてと思うけど優しさを感じる。自分の方が先に死ぬかも知れないけど。

一番はボケないでほしい。二番はやりたいことして生きてほしい。これは自分にも言えるな。
- : comments (x) : trackback (x)
水曜にて
来週15日からこまばアゴラ劇場にて〈いつかモンゴリと眠る〉始まります。気が向いたら観にきてほしいよ。ダンスを通してみせたい表現がある。

僕はぜんぜんダンス最強とか、ない。最強なら今こんなではないし。自分が本番やって踊る快楽みたいなものはなくて、役者が言葉を通して伝える、歌手が唄を通して伝えるように手段がダンスなだけです。快楽ある方が長く本番は続けられるんだろうなと思うから、取り戻したいけど。でも今回は楽しくやれそう。

昨日スタッフみせで初めて通した。何とか通せたと思ったら時間短くて、あれっと思ったらシーンを飛ばしていた。なので思った通りの時間でした。小屋に入ってきっと、もうちょっとのびる。
- : comments (x) : trackback (x)
kkkk
帰り道。今日は頭が疲れた。オリジン行こうかな。ハンバーグ弁当大好き、36歳。変わったビール呑みたい。

物を作るときにコミュニケーション能力って必要だなと改めて思う。向き不向きは確実にあるのだけど、他者と何かを生み出す時は反応とか気にするし、色々考えてしまう。カンパニーやグループをやっていると色々な人がいる。わかってるようで、わかってない人。わかってないようで、わかってる人。どっちでもない、まるで謎な人。

自分が考える事が正しい訳ではなく、ただ責任を負うためには断言しないといけないシーンが存在する。矛盾する生き物として恥ずべきことも多々あり申し訳なくなる。それでも少しでも向上していけたら、やりがいがあるのかなと。

作るって何だろう、ダンスなんてなくても人は余裕で生きていける。ダンス最高と10代の時は思っていて、20代からカッコいいものに疑問感じて希望と絶望を繰り返し、30代はいつ抜けれるか分からない迷宮に居る感じだ。

自分は何のために踊るんだろう、とかもう良いよね。やはり誰もやってないような世界に行くためじゃないだろうか。いつ死ぬか分からないのなら、死後の世界の前に見たい景色があるのだろう、きっと。

もうすぐ駅に着く。
- : comments (x) : trackback (x)
Feb.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28